結婚式は来場者に気遣いをすることで最高の式になる!

会場やテーブルはできるだけゆとりのある空間を

結婚式の会場に入ると来場者が最初に見るのは会場の広さや雰囲気ですよね。

来場者は人数によって席の近くや同じテーブルに知人ではない方がいることもあります。

知らない人と同じ空間で約2~3時間を共に過ごすのです。そんな時、テーブルとテーブルの間隔が狭い時や椅子と椅子の距離が近いと気まずさもでてきます。なので、ゆったりと過ごしていただけるよう、席もテーブルの間隔もある程度ゆとりがある方が好まれます。

妊婦さんや子育てママにも配慮を

妊婦で結婚式に参加するのは身体的に大変です。スタッフと相談し、クッションの準備をするなど、配慮した行動一つで更に心地良く過ごしていただける空間となります。

子育てママは突然泣き出すかもしれない子供にヒヤヒヤしながら過ごさなければなりません。常に緊張して過ごしています。事前にスタッフが声かけをし、泣き出した時の対応や一旦退室する時のルートを一緒に確認しておくと子育てママの気持ちも楽になり、もしもの時の対応もスムーズできます。

また、妊婦や授乳中のママにもノンアルコールのメニューなどドリンクが豊富だと喜ばれます。

結婚式の前後、感謝の気持ちを伝えると良し!

結婚式の前、新郎新婦は何かとバタバタします。しかし、その多忙な中でも来場者の方々に遠方から来ていただくことの感謝や久々会えることの楽しみなどの、感謝の気持ちを伝えることは大切です。心のこもった感謝の気持ちの連絡をもらった来場者は式に参列する前、または参列した後も幸せな気持ちになります。ちょっとした気遣いで皆んなが幸せで素敵な結婚式になりますよ。

結婚式という行事に重きをおく名古屋という街では「昔ながら」の伝統と「今だから」のお洒落さを大切にすることが重要です。名古屋の結婚式場は老若男女問わず来賓の方々を楽しませる場所です。